ご注文はこちら

TEL:0475-77-2256

落花生Q&A

本物の千葉産落花生がなんでこんなに安いのおいしいの?

お客様が喜んでいただけるからです。

九十九里浜の自社農場と九十九里浜海岸より房総丘陵の契約農場から直に仕入れていますから安くできます。また、お客様が工場直売で買っていただけますので、毎年安心して作れます。

その結果、当社も契約農場も生産意欲が高まり良質な九十九里浜の落花生を生産するため精魂こめてがんばっていけます。今後も、お客様に「安い、おいしい豆」を提供するため努力してまいります。

落花生の残留農薬が心配ですが?

毎年残留農薬分析を行っています。

ご安心ください。当社では、毎年千葉県落花生協会により残留農薬分析を行っております。

※参考 2009年度産の分析結果は以下の通りです。
分析項目:多成分同時定量分析
分析方法:検体から農薬成分を抽出後、GPC(ゲル浸透クロマトグラフ)で精製し、ガスクロマトグラフ質量分析法により分析を行いました。
結果:検体からは、農薬は検出されませんでした。

落花生の成分は?

落花生100g(可食部)の中には、脂肪が47.7g、たんぱく質が25.4gも含まれています。

特にビタミンEが12.2mg、B1が 0.85mg、B2が0.1mg、ビタミンB群の一つであるナイアシンが17.0mg含まれています。脂肪酸には不飽和脂肪酸の一種のオレイン酸とリノール酸をたくさん含んでいます。

また、薄皮には抗酸化物質として知られるポリフェノールも含まれています。 老化を防ぎ、ガンの予防にも効果があるとされるビタミンEは、体の細胞膜にある脂肪酸の酸化を抑えてくれ、細胞を丈夫にし、老化や動脈硬化を妨げる働きがあります。

落花生は美容にも良いの?

美容と健康に千葉産落花生を!

糖質の代謝を促進させるビタミンB1。体の中の糖質を分解してエネルギーに変えるのに欠かせないものです。欠乏すると、食欲がなくなったり、疲れ易くなり肩こりや、イライラの原因になります。過度のダイエットや偏食によっても不足しがちになります。美のビタミンと呼ばれるB2は皮膚に潤いを与えます。

ナイアシンにも糖質の代謝を助ける働きがあり、皮膚の発育や、消化器系の働きにかかわり、老化を防止する作用も持っているといわれています。また豊富に含まれている亜鉛やビタミンBは、キレる子供の増加という社会問題を解決するための大変重要な栄養成分です。

落花生は100gで561kカロリーと高カロリーで、脂肪にはオレイン酸とリノール酸が多く含まれ、血液中の悪玉コレステロールを減らし、血圧を下げる作用があると言われています。しかもオレイン酸は酸化されにくいという特徴を持ち、油としては大変安定した油といえます。よく噛むことで脳の働きも良くなります。動脈硬化や生活習慣病の予防のためにも、1日10粒から20粒の適量を摂取するようにしたいものです。

良質のたんぱく質と必須アミノ酸がバランスよく含まれている落花生は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙食にも選ばれています。

落花生は体に良いの?

頭の若返りビタミン

落花生の成分を成分を調べて驚きました。今もっとも注目されているレシチンが100g中に1100mg以上も含まれているのです。レシチンは記憶力を高め、脳機能の衰えを防ぐ成分。情報化時代あるいは、高齢化時代の”頭のビタミン”としても、期待できそうです。

しかも、若返りと呼ばれるビタミンE、頭の回転を向上させるビタミンB1も多い。頭の働きをイキイキさせて、若返る素を豊富に含む九十九里浜の落花生を食卓に!

落花生は100gで561kカロリーと高カロリーで、脂肪にはオレイン酸とリノール酸が多く含まれ、血液中の悪玉コレステロールを減らし、血圧を下げる作用があると言われています。しかもオレイン酸は酸化されにくいという特徴を持ち、油としては大変安定した油といえます。よく噛むことで脳の働きも良くなります。動脈硬化や生活習慣病の予防のためにも、1日10粒から20粒の適量を摂取するようにしたいものです。

良質のたんぱく質と必須アミノ酸がバランスよく含まれている落花生は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙食にも選ばれています。